2016
3/22(火)
●ATOK2016の新機能──注意してくれます(笑)

 ATOKの最新版「ATOK2016」を導入した。さほど必要はない。ATOKは三年にいちどぐらい買えばいい。実のところ私は2008で十分だ。辞書連携があればそれでいい。2015があるのだからあと二、三年はいいかとも思ったのだが。

 せっかく挿れたのだからと新機能を調べてみた。すると2016から「長時間作業すると警告してくれる」というのが装備されたようだ。なんだろう、これ? PCに向かっている時間を打鍵数から計算し、「そろそろすこしやすんだら?」と注意してくれるらしい。右眼が不調となり、一時間ぐらいやったら休むようにせねばと思っていた私にはありがたい。というか、PCにこちらの疲れを注意してもらうってのも未経験なので妙な気分だ。
 が、その後も注意されることはなく、この新機能のことをすっかり忘れていた。



 3月22日、午前4時起床でPCに向かっていた。だいたい起き抜けは右眼の調子も良く、ひさしぶりに作ったパソコン用メガネも快適で順調に作業していた。

 するとディスプレイの右下に、



 と出た。初警告である。時刻は5時半、作業時間は1時間半ぐらいか。なんともありがたいことだなと苦笑しつつ、すなおにPC前を離れ、ディスプレイから目を離した。細かいものさえ見なければ支障はない。まだ右目のかすみは始まっていなかったが、そろそろだなと自分でも思っていた。

 私はこれから、ATOKの注意に従い、こまめに目の休憩を取るようにする。あたらしい友人がひとりできたような気分である(笑)。



 ところで、この警告は「長時間文字入力をしたときのみ」表れる。PCで何時間音楽を聴いていようとDAWをやったり将棋ソフトで遊んでいようと出て来ない。

 この機能を持つATOK2016を挿れてどれぐらいだろう、2週間ぐらい経つか、その間この注意と無縁だった。警告されるほどの文字入力をしていなかったことになる。それだけ右眼のかすみが気になり、日々の日記と、この《サイト下書き日記》の短文だけでごまかしていたのだ。



 先日右眼のかすみが気になり、うまれて初めて眼医者に行った。最新の機械でかなり時間を掛けてチェックしてくれた。まだ白内障や緑内障の心配はないらしく点眼薬をくれただけだった。その結果ははうれしいがわたし的にはかなり深刻だ。長時間のPC作業ができない。

 私淑している高島俊男先生は、やはり目の故障で、いまは「語り書き」になっているそうだ。御自分の手で文章を書けない無念はもちろんだが、それ以上に読書家の先生が本を読めないのはつらいだろうなと胸が痛む。先生の状況と比したら軽微なのだが。



 私はぶっつづけ仕事が好きだ。10時間PCに向かって文を書くことに苦は無く、それどころかそれが大好きな私にとっては最高にたのしい時間だった。1時間に10分ずつ休憩を取る、取らねばならない、のような形態はつらい。しかたない、加齢によってそういう故障を抱えてしまったのだ、すなおに従うことにしよう。まあ、従うもなにも、右眼がかすみだしたら作業にならないのだが……。

 初の眼医者体験を書かなかったのは、そういう「作業時間の制約」による。限られた時間しか打鍵できない。なら医者でのあれこれより、「ATOKに注意されたので時間を区切って作業します」というこの文章を優先したかった。



 宝塚の友人Sが、「ひさしぶりにテレビで『容疑者Xの献身』を見た、ブログに感想文があったのを思いだし、読んだ」とメールをくれたので、私もひさしぶりにそこに出かけ、すこし文章を直した。なつかしい。文中に「Sに『Dr.コトー』の電子版を送ったのにまだ読んでいないようだ」という箇所がありSは当時を思いだし冷や汗を搔いたとか。読み返してそんなことも書いていたのだと思いだした。あの映画に関してとにかく覚えているのは「堤真一は犯人の石神役に不適切」であり、「原作と映画のちがい」の視点から『Dr.コトー』にも触れていることなどすっかり忘れていた。思い出してあらためて腹が立つ。吉岡隆もまた原作の味を壊すひどいミスキャストだった。しかしそこで書いているように「原作とテレビ(映画)」は別物と割り切るべきなのだろう。

▼《映画『容疑者Xの献身』感想文》

 そういえば私は「▼韓国版『容疑者Xの献身』」も見ていたんだな、大韓航空の機内でだけど。この偶然がなければあえてレンタルしてまでは見なかったろう。朝鮮語嫌いだし。
 そこに書いているが、この作品(原作)に関するいちばんの不満は、「あそこでドアを開けるか!?」に尽きる気がする。それを「日本版」の箇所にも書いておくべきだった。今からでもコピベしておくか。



 Sからのメール、それによる読み直し、すこしばかりの訂正で、ひさしぶりに【芸スポ萬金譚】に入ったら、未読のコメントが寄せられていた。未公開のそれを表示にする。タイ文字のアルファベット表記に関して勘違いしているようなので叮嚀な意見を書く。根本的な勘違いしているようなので伝わるかどうかわからないが、

▼《しゃべくり007のタイ語》──それはこちら。末尾のコメントがnewです。

『容疑者Xの献身』にもテレビで見たというひとからのコメントが寄せられていた。それにも返事を書きたいがいまだに書いてない。それだけ右眼の調子はわるい。そのかたのコメントは上の『容疑者Xの献身』のコメント欄にあります。しかし、誰がなんと言おうと堤真一のあの犯人役はミスキャストだけどね。



 それらをやっていたら初めてと警告されたのだった。

 朝の4時からがんばったが「創造的作業」をしたかどうかは微妙だ。でも初警告と「これから自分は打鍵作業を1時間程度しかできないんだな」と自覚した日として心にしみる。
4/3(日)
●警告をクリックしてみると!

が出ることで、「便利だな、親切だな、ありがたいな」と思っていたが、それ以上の追及をしなかった。今日のこの警告画像をクリックしたら、なんと下の画面が出たのでおどろいた。これによってこの機能は「ATOKリフレッシュナビ」と言うのだと初めて知る。



 時間はちょうど1時間。そこで警告が出るようだ。いや時間は関係ないのか、入力文字数で出るのか。

 ところでじつにもうどうでもいいことだが長年のPC好きとして誇りのために書いておくと、私は186回も入力ミスはしていない。書くのはみな自分の文章である。たとえば「だから」と打って、ほんの数行前にも「だから」と打ったなと気づいて削除し、「よって」に直したりする。その直しが「入力ミス」にカウントされてしまうようだ。

 もしも他者の原稿をリライトするような仕事だったら(絶対にそんな仕事はしないが)この5234文字打つのに186回のミス、精度96.4%は、私のパソコン歴からしたらかなりかっこわるいと思う。でも自分の文章を考えながら打っているのだから、それならさほどのミスとはなるまい。と、こんなことをわざわざ書くのもアホだがブラインドタッチを覚えてからでも30年以上経つのでここにだけはこだわりたい。

 私はもうかつてのように興が乗ったときに一晩ぶっつづけで打つ、なんてことはできない。実際1時間も打っていたら右眼がかすみはじめ苦痛になってくるので不可能だ。電子レンジであたためた温タオルを目に載せ(目の疲れにはこれがいちばんだとか)、クラシックでも聞きつつしばしの休憩を取るしかない。なんともくやしいが、それが年を取るということなのだろう。恵まれているほうだと自分を慰めるしかない。

 いままた警告が出た。どうやらこの程度のファイルひとつのUPでも休憩を取らねばならないらしい。

---------------

【追記】──警告に入力文字数には関係ありませんでした──5/4

 Vocaloidをずっとやっていた。見辛くて目が痛むが、なんとか自作曲のメロディを八割方流しこんだとき、下の警告が出た。入力文字数はたったの82字である。これで警告が出るのだから文字数は関係ないことになる。

 当たり前のことだがこれはATOKを使っているときに限るのだろう。私はGoogle日本語入力も使っているが、これを使っているときには出ないんだろうな、たぶん。ま、なにはともあれ、「先生、すこしお休みになったら如何ですか」と言われたようでわるい気はしない。




inserted by FC2 system