サイト下書き日記

2017年4月+5月
 4/22(土)
●遅れ馳せながらの4月の《サイト下書き日記》

 もう4月下旬だというのに4月の《サイト下書き日記》を作らないままだった。やっと今ごろ書く。
 ま、ご迷惑を掛けている方々に、「生きています」と連絡するコーナーだから、後れ馳せながらではあるが目的は達成できる。それでいいか。

 2月の「速度制限」以来、すっかり筆不精になった。いや筆不精は目の調子が悪くなってからだからもっと前からか。2月からは、速度制限にうんざりしてインターネットと縁遠くなった、になる。 
 FC2ブログを1月末から、つまりインターネットが順調だったころから更新していない。2月はつかいものにならず腹立つ毎日だった。図書館から連絡するという方法を思いたち、別会社にして繋がったのが3月10日。ならそれから以前のペースにもどったかというと、2月の腹立ちで、インターネットへの関心がうすらいだ。相変わらずテレビラジオには接することなく情報はみなネットから得ているのだけれど……。



 この程度の量を書いただけで目が疲れてくるのだから私の目玉は重症だ。さいわい斜位と原因がわかり、それを補整するプリズムレンズなるメガネを掛けているので、以前のように文字が滲み「おれの目に何が起きているのか!?」という恐怖心からは解放された。しかし以前のようではない。

 ひさしぶりにブログを書こう、あれがいいかこれがいいかとネタを思うのだけど、知人のくだらんブログを読み、「おれのやってることもこれと同じなんだろうなあ」と思うとやる気が萎んでしまう。
 その知人、JT氏の書いているのも競馬と将棋だ。なにひとつ共通するもの、感じるものがなく、「ひどいセンスだな」と思うのだが、かといって「この件に関してはこう書くんだよ!」と自分を出す気持ちにもなれない。このひとよりは私のほうが文章がうまく、読みやすくわかりやすく、意見も正鵠を射ているという自信はあるのだが、かといってそれがなんなのだ、とまたやる気は萎んで行く。

 なんとかこの土日でブログをアップしたいのだが、はてどうなるか。いまは土曜の午前7時40分、これから朝風呂に入って考えよう。

5/6(土)
●5連休大掃除

 と言っているうちに5月になってしまった。4月は1回しか書いてないので《サイト下書き日記》も4月5月合体とする。
 1日2日は<ブルカラ>バイトをした。3日から5連休と楽しみにしていたら、早くもなにもしないうちにもう6日。いま6日の朝の6時04分。

 いつごろからだったか、部屋が今時のことばでいう「汚部屋」になってしまった。もう長い。確実に一年以上。もしかしたら二年か。汚いというのは慣れてしまうと気になりなくなり、それどころか妙に居心地がよかったりする。着古したジャージーが肌に馴染むように。

 「汚部屋」とはいえ、いわゆるゴミ屋敷ではない。ゴミはきちんとルールに則って捨てている。あえて「ルールに則って」と書いたのは、あたらしく越してきたやつにそれを守らないやつがいて腹立たしいからだ。ふつうゴミの日にビンを出したりする。収集車はもちろんそれを持ってゆかず、そのゴミに注意書きを貼ってゆく。なのにそのゴミを引っこめず置きっぱなしにしている。それが私の自転車置き場の目の前なので、毎日その「ルールを守らずに出し、さらにはそれを引っこめない」ゴミを目にしなければならない。なんとも不快だ。いままでそれは一切なかったのだから、当然犯人はあたらしく越してきたやつになる。

 ただひたすら乱雑な部屋だ。ゴミをこまめに捨てることと洗濯は頻繁にしているから、さほど汚くはないのだが、どうしようもなく乱雑である。掃除機もかけていないから、ホコリはかなり溜まっているはずだ。なんとかせねばと焦っていた。理由はただひとつ、「部屋が汚いとクリエイティブなことをする気になれない」のである。いま最優先の課題はDAWによる音楽制作なのだが、やろうと思ってもめげてしまう。部屋が汚いからだ。その悪循環はわかっていて、ずっと「なんとかせねば」と思っていた。といって、汚れの100を、1日3ぐらいずつ片付けてゆくようなことはできない。それができるやつなら「汚部屋」にならない。こういうやつは一念発起して33×3ぐらいの、死にものぐるいの3日でなんとかせねばならないのだ。

 ということで、4月末から「5月の5連休で部屋を綺麗にする」と決めていた。やるときは徹底してやるので本格的な大掃除になる。しかし3.4.5のうち、朝から汗をかいてがんばったのは3日のみ。2DKのDは、これによって見違えるほどきれいになった。だが4と5をちんたらしたため2KのPC部屋と居室は相変わらずのままだ。本来は3.4.5で完成させ、6.7はきれいな部屋でのんびりと競馬観戦をする予定だったが、6.7を費やしてもおわらない感じになってきた。困る。焦る。それでも木曜の「燃やさないゴミ、有害ゴミ、ビン」の日にはオレンジ色の袋を3袋、金曜のふつうゴミの日には緑色の大袋を5袋だしているのだから、それなりに健闘はしている。掃除機をかけ床を拭いたので、今までと同じく乱雑なのだが、みょうにスッキリしているのはたしか。いわば「湯上がりのホームレス」みたいなもの。ブルーシートの家に住んでいるホームレスで、汚いのだが、みょうにコザッパリしている。そりゃそうだ、湯上がりなのだから。いま私の部屋はそんな感じになっている。

 さて6:27。好きな音楽を聴きつつ、〝自炊〟したマンガを読んで、朝酌をやりたい誘惑に耐え、掃除に向かう。このまま昼まで突き進めばだいぶ進行するはずだ。



 いま12:13。はあ~疲れた。PC部屋は片づいたというか、いまごちゃごちゃの状態。本棚をぜんぶ整理し直した。いらない本を捨て、いま重要なものを楽に手に取れるようにする。海外旅行に凝っているころは前面にでていた語学本が引っこみ、そのころは引っこんでいた楽譜がむかしのように前面にでてきた。いいことだ。



 このあとも15時までがんばった。汗びっしょり。途中シャワーを浴びた。今日は真夏日か。さわやかないい天気だった。大掃除なんてことをせずにのんびりしていたのなら。
 15時から競馬観戦。さすがにその後、16時半からは動く気になれずダウン。
 けっきょく5連休で完遂を目論んだ大掃除は土曜終了時点で半分も行かず。いかに汚れをためていたかと自分にうんざりする。棚の後ろやベッドの下から出てきた綿ぼこりはひどかった。それこそ掃除機が吸い込んだ綿ぼこりはバケツ一杯あったのではないか。何年かかってためたのやら。PC部屋のいらない本や資料、各種ケーブル、PC小物を台所に放りだしたので、せっかくきれいになった台所がまた足の踏み場もないほど雑然となってしまったが、同じそれでも、大掃除前とは確実にちがう。薄汚れて足の踏み場もないほど雑然としているのとちがって、あれこれちらかって雑然としているが、床はぴかぴかだし、ゴミはゴミとして捨てられる態勢に整っている。「捨てられる態勢に整っている」ってのも相当へんな表現だが。

 明日日曜は、畳部屋の掃除、掃除機と拭き掃除で精一杯だろう。押しいれの中の衣類と本を束ねて捨ててゆくのだが、衣類の捨てられる日や本の捨てられる日は決まっている。それまでにはまだ日がある。とにかく明日日曜は、畳部屋を「雑然とはしているがホコリはない、畳は拭き掃除で清潔」にすることを目標としよう。そうすれば七割は終わったことになる。



 とうとう1月末からブログをアップしていない=2.3.4月に一度もアップしていない──という、この二十年で最悪の事態となってしまった。しかしそれでも「大掃除優先」。部屋を綺麗にして、PC類も整理して、心機一転の形を作ってから、だ。汚い部屋で、半端な気持ちで、そこそこのネタをアップしても意味はない。

 今回の大掃除はそういう意味があるので、たとえば「もう何年も着ていない新品同様のスーツ」なんてのもごみ袋に入れている。私は物持ちがいいので、そんなものも見事に新品同様なのだ。しかしそれは体重58キロぐらいのときに作ったものなのでいまの65キロの体型ではきついし、これからまた58キロまで落ちることはないだろう。というかもうスーツなど着たくないのだ。北京で買ったダウンジャケットなんてのも日本の冬では無用の長物だし、ファスナーが壊れているだけのなかなかの品だが(made in China衣類の最悪の欠点はファスナーだ)、それを直して着る気もない。なら捨てるのだ。と、今回の大掃除は精神的なものも絡んでいるので、そっち方面でもたいへんなのである。
 ひたすら掃除だけをしていた5連休。せめてもうすこしだけ見た目もスッキリして月曜を迎えたい。
   
   
   
   
   


inserted by FC2 system